HSIとは?

ネバダ州の小さな町のガレージでスタートしたハロゲン・システムズ社は、米海軍のプログラムを通じて、海軍研究局(ONR)の中小企業革新研究契約(SBIR)の資格を得ました。ハロゲンは、ほとんどの業界関係者が不可能だと感じていたパラメータを満たすセンサーを開発しました。2021年、ハロゲンはこの実証済みの技術を、飲料水と廃水処理施設を手始めに、さらなる産業への拡張を開始しました。ハロゲンは、雨水回収、冷却塔、グレーウォーターシステムなどの環境水回収(EWR)システム、さらに工業用温水システムなどの追加産業にも有望だと考えています。

アンペロメトリックセンサーが配管内圧力に耐えられるとは誰も思っていませんでした。ましてや、海水中やシルト質の港で、4分以内に0から140psiまで、何カ月もドリフトせずに到達するとは。

「40年にわたる廃水プラントの経験の中で、MP5™ほど印象的なものは見たことがありません。柔軟性、機能性、安定性は他に類を見ません。時代です。"- DWシステムエンジニア

ハロゲン・システムズ社は、水モニタリングの難題を革新的な技術で解決することに注力しています。

For decades, water monitoring technology required complicated flow-control piping, membranes, and reagents. That complexity created a standardized culture of constant maintenance because the chlorine sensors were isolated from the main flow (sometimes hundreds of feet away) which may cause measurements to be delayed by 5 minutes or more. 

Halogen’s amperometric chlorine analyzer technology allows a sensor to be inserted directly into a ballast water pipe or a drinking water flow. Durable and non-reactive, no flow-control or waste drain is needed and the sensor’s calibration remains constant in any pressure or flow. Even a dry pipe won’t shake the calibration. 

Since this technology does not use membranes or reagents, maintenance requirements for chlorine sensors can go from constant to minimal. Manufacturers of Ballast Water Management Systems (BWMS) and Marine regulators saw immediate benefits. The Drinking Water industry is taking note, with NSF-61 Certification and approval for the EPA EPA Method 334.0 compliance reporting. 

Halogen’s technology solved long-standing headaches in ballast water monitoring—even in difficult operating conditions—with simplicity, accuracy, and stability. Now, Halogen is applying everything learned in the challenging Marine Ballast Water Management industry to solve mission-critical problems in industries like Drinking Water, Wastewater, Commercial Hot Water Systems, and Environmental Water Reclamation.

環境性能の向上、その他

外来生物に対するバラスト水処理について

外来種(ゼブライガイなど)は、生態系に環境の大混乱をもたらす。これらの生物の多くは、海や港を横断する貨物船からバラスト水として持ち込まれます。これらの船舶は、運航中に数百万ガロンもの水を排出することもあります。未処理の水は、地域の生態系を破壊してしまう可能性があります。幸いなことに、船舶はバラスト水を排出する前に、処理システム(BWTS)を使って殺菌し、外来種を駆除することが義務付けられました。多くのBWTSでは、ハロゲンシステムズ社のバラスト水TROセンサーが使用されています。バラスト水TROセンサーは、処理プロセスを制御するための酸化剤レベルを測定するために使用されます。ハロゲンのTROセンサーは、排出される水の酸化剤レベルが安全に放出されることを保証するものでもあります。バラスト水の塩素測定は、生物付着、高い水硬度、高い塩分濃度、極端な温度などの理由で、すべてのアプリケーションの中で最も困難です。 

ハロゲンの技術により、センサーをバラスト水パイプや飲料水の流れに直接挿入することができます。耐久性と非反応性に優れ、流量制御や廃棄物排出の必要がなく、センサーの校正は圧力や流量に関係なく一定に保たれます。乾いたパイプでも校正が揺らぐことはありません。 

Halogen’s innovative technology has effectively addressed persistent challenges in ballast water monitoring, even under challenging operational circumstances, by offering a combination of simplicity, precision, and reliability. Today, Halogen is leveraging the valuable insights gained from the demanding Marine Ballast Water Management sector to tackle crucial issues in various industries such as Drinking Water, Wastewater, Commercial Hot Water Systems, and Environmental Water Reclamation.

都市飲料水用オンライン塩素センサー

海水のような過酷な環境下で信頼性の高いセンサーを開発するのに数年かかりました。最も過酷な用途のセンサーを提供することに成功したのですから、廃水や飲料水の処理場で同様のセンサー技術を開発することは、比較的容易です。

この技術は膜や試薬を使用しないため、塩素センサーのメンテナンスは常に必要なものから最小限のものになります。バラスト水管理システム(BWMS)のメーカーや海事規制当局は、すぐにそのメリットを実感しました。現在では、飲料水業界も注目しており、NSF-61認証とEPA EPA Method 334.0適合報告書の承認を受けています。 

ハロゲンセンサーは、世界で11の特許を取得し、NSF61認証を取得した唯一のオンライン塩素センサーです。NSF61認証を取得した唯一のオンライン塩素センサーです。このため、廃棄物の排出を必要とせず、飲料水の配管に直接挿入することができます。流速や圧力の変動に影響されない唯一のセンサーであるため、このようなことが可能なのです。また、流量を発生させる技術により、ハロゲンのセンサーは吊り下げたり、水槽に入れたりしても同じように効果的に機能します。 

標準膜式・試薬式残留塩素センサー(然う言うHach CL17)の場合、測定値を得るために年間約69,000ガロンの水を浪費する必要があります。過剰な水の消費に加え、処理された水が無駄になるだけのコストは、センサー1台あたり平均で年間150ドルにもなります。中には、100台以上の分析装置が廃棄物の流れで稼働しているユーティリティ企業もあり、その結果、多額の無駄な経費が発生しています。このような古い技術のセンサーから出る廃棄物は、単純には処理できません。環境中に排出されるため、化学試薬を追加で使用する必要があり、通常、分析装置1台あたり年間平均700ドルと人件費が加算されます。

NSF61認証を取得し、廃棄物や試薬が不要なため、フロリダ、カリフォルニア、ネバダの自治体の飲料水事業者はすでにセンサーの導入を評価しています。

廃水処理 塩素分析・モニタリング

Much of treated wastewater is “reclaimed” or recycled for other uses like irrigation. These are tricky applications for conventional sensors that require frequent recalibration. For example, in one Orlando, Florida USA wastewater treatment plant, their current sensors (one of our competitor’s units) must be calibrated three times per day (each work shift) to obtain accurate readings. However, Halogen Systems sensors do not require calibration for over one month of operation and read accurately straight out of the box with factory-set calibrations. Calibration remains infrequent with our sensors due to our patented, continuous, self-cleaning system. Our approach to residual chlorine sensors keeps the sensing surface free of organics and other forms of build-up.

ハロゲン・システムズ社は、同社のセンサーを廃水用に改良し、2021年5月に最初のセンサーを出荷しました。フロリダ州の複数の下水処理場が、コンプライアンス報告用に当社のセンサーを使用するため、フロリダ州環境保護局に承認を申請しています。フロリダ州オーランドは、DEPの認可を得た最初の都市です。他の自治体もまもなくフロリダ州環境保護局から同様の認可を受ける予定で、その時点でハロゲンシステムズ社の装置が旧来の技術に取って代わることになります。HASK, Inc.のJason Erskineは、「これにより、より少ない労力、より高い信頼性、より厳しい精度、より少ない化学薬品使用量で、プラントプロセスをより厳密に制御することができます」と述べています。

この技術は膜や試薬を使用しないため、塩素センサーのメンテナンスは常に必要なものから最小限のものになります。バラスト水管理システム(BWMS)のメーカーや海事規制当局は、すぐにそのメリットを実感しました。現在では、飲料水業界も注目しており、NSF-61認証とEPA EPA Method 334.0適合報告書の承認を受けています。 

The Halogen Sensor has been granted 11 patents worldwide and is the only online chlorine sensor with NSF61-level certification. This allows it to be inserted directly into a drinking water pipe without a required waste stream. It can do this because it is the only sensor unaffected by fluctuating flow speed or pressure. The flow-generating technology also means that Halogen’s sensors work just as effectively when suspended or simply placed in a water tank. 

Standard Membrane and reagent residual chlorine sensors (such as the Hach CL17) require a waste stream of roughly 69,000 gallons of water per year to obtain their readings. Besides excessive water consumption, the cost of the treated water simply going to waste is, on average, $150 per year per sensor. Some utilities have over 100 analyzers operating with waste streams, resulting in a significant wasteful expense. The waste stream from such old-technology sensors cannot simply be discharged into the environment and so requires the use of additional chemical reagents, typically adding an average of $700 per year per analyzer plus labor. 

NSF61認証を取得し、廃棄物や試薬が不要なため、フロリダ、カリフォルニア、ネバダの自治体の飲料水事業者はすでにセンサーの導入を評価しています。

シンプルさと柔軟性を追求したデザイン

バラスト水管理システム(BWMS)、遠隔監視型環境水回収システム(EWRS)のいずれを設計する場合でも、建築家、エンジニア、オペレーターは、ハロゲンの優れた校正安定性から得られる信頼性を、柔軟な設置タイプやゼロに近いメンテナンスと同様に高く評価しています。シンプルで柔軟なシステム設計については、ハロゲンにお問い合わせください。